社会で言われる3年神話とは

世間で仕事をする者は最低でも3年は勤めるべきと言われています。それには理由があります。今回はその理由についてお伝えします。

  1. 仕事の経験は短期間では身に付かない

この3年神話の大きな理由は、成長や経験に関するものです。仕事での経験というのは短期間では身に付かないのです。企業にはそれぞれの強みがあり、仕事の方法も違います。そんな中使える社員になるためには、ある程度の時間がかかるものです。そしてどの仕事をとっても経験がある人とそうでない人は見れば分かります。その会社の仕事を覚え、自立するまでには最低3年と言われているのです。

  • 会社から見る3年目以降

会社にとって一番時間とお金がかかるのは、人件費と教育です。例えば新入社員には給与以外にも投資をしています。新入社員を1年間雇用するだけで、年間800万円程のコストがかかると言われています。そして教育を担当する上司や先輩にもお金がかかります。新入社員を一人前にするには、会社にとって重要かつ真剣に向き合わなければならない問題なのです。そこで思うのは、800万円という金額を新人一人で稼ぐ事は不可能です。どんない優秀でも、3年程でやっと利益を出せる人になれるのです。つまり会社としては3年以内に退職されると、赤字になります。会社に利益をもたらす一人前の社員になるまでには、最低でも3年というのは妥当です。だからこそ会社は最低でも3年は働いて欲しいと思うのです。

  • 早期の退職は転職にも不利!

こうした事実を踏まえると、3年以前に退職した人に対する世間の風当たりは強いです。近年は第二新卒という言葉も生まれ、転職について柔軟になりましたが、それでもやはり転職には厳しいと言われています。面接では前職の退職理由を聞かれる事も多いです。前職が短期間だと、うちでもそうなのかと思われるのは当然です。スキルも未熟、その上早期退職という事実は新卒やキャリアのある転職者に勝てる可能性は低くなります。早期退職の転職はそれ程覚悟のいる事なのです。そのためしっかりと経験を積むことも大切です。

  • ブラック企業は早期退職を!

ここまで話には例外があります。それはブラック企業の場合です。雰囲気が合わない、思っていたのと違ったなどの理由は論外ですが、会社が法廷時間を守らない、パワハラ、セクハラなど社員へぞんざいな扱いをする会社は、すぐに退職しましょう。辛い状況に耐えて自分を壊してしまうのは危険です。そこは面接先の会社も理解してくれるはずです。大切なのは経験を活かす事。次の転職先は見る角度も変わると思いますし、危険回避をする術も身についているはずです。ブラック企業はすぐに退職し、学んだ事を次に活かしてください。

仕事で一人立ちするためには、やはり3年程の期間が必要です。それまでは即戦力にならないという事。そのため最初の会社選びは慎重に。一度入社した会社は責任を持ち、努力を怠らない事が大切です。最初は辛くても、急にやりがいを持てる時が来ます。何事も継続は力なりです。ブラック企業に関しては別ですが、会社としても3年以内に辞められると大きな損失になります。自分で会社に利益をもたらせるぐらいは貢献してみましょう。

こちらもご覧ください。

人気の投稿