社会人と接するときのマナーを知ろう!

大学生活の中では、社会人と接する機会が少なく、マナーなどを気にせず人と接している人も多いのではないでしょうか。しかし、社会人と接する場合には、今まで意識しなかったことにも注意を払って行動することが大切です。

就職活動でどんなに良い自己PRをしたとしても、そもそもマナーが身に付いていないのでは選考を突破するのは難しいでしょう。そこで、今回は社会人と接する際の最低限のマナーについて解説します。

服装編

ビジネスの場面で、一般的な服装がスーツです。大学生活の中では、着る機会が少ないですが、そんなスーツだからこそ着こなし方やマナーを知っておく必要があります。

スーツを着る時には、性別問わずインナーには白色、スーツも黒やネイビーなどの目立たない色を選びます。派手な色は印象を悪くすることもありますが、地味な色であれば評価を下げることはありません。

「私服でも良い」と言われた時にはどうするの?

最近の職場では、スーツではなく私服でも良いとするところも増えてきています。私服でも良いと言われると、どんな服装でも良いと勘違いしてしまいますが、ここにもマナーがあります。

この時には、相手に不快な思いをさせないように、清潔感のある服装を心がけましょう。私服でも良いと言われてもジャケットなどは用意し、くれぐれもダメージジーンズにスニーカーといった格好だけはしてはいけません。

挨拶編

社会生活の中では、コミュニケーションが重要で、その基本となるのが挨拶です。「ありがとうございます」、「お世話になります」、「よろしくお願い致します」など、大きな声でハッキリと挨拶をすると第一印象がとてもよくなります。

初対面では緊張することもよくありますが、この時に声が小さくなってしまっては印象を悪くしてしまいます。緊張を取り払うぐらいの気持ちで、ハッキリとした挨拶を心掛けましょう。

コミュニケーション編

働く時のマナーとして、報告・連絡・相談の頭文字から「ホウレンソウ」が重要だと教えられることがあります。これは、仕事を円滑に進める上でとても重要なことです。

新入社員は、分からないことが多いのは当然ですが、それをそのままにしているのは良くありません。分からないこと、困ったことがあれば、「ホウレンソウ」を心掛けて対応することが大切です。

ビジネスでは予定通りにいかないことは多く、予定を変更することはよくありますが、事前連絡や相談もなしに勝手に行動するのはマナー違反です。些細のことでも連絡して、コミュニケーションを取りながら行動をしましょう。

時間編

学生時代には、15時集合なら、15時に到着していれば問題はないでしょう。しかし、社会人では、予定時間が15時なら、15時には全ての準備が終わっている必要があります。面接でも、予定時間前には到着し、身だしなみや筆記用具を準備します。

基本的には、5~10分前に到着するのが基本です。早めに到着して準備するのがマナーですが、相手にも予定があることから早すぎるのはマナー違反です。

マナーを身につけるならインターン参加

社会人としてのマナーは色々ありますが、頭で理解するよりも、インターンシップに参加すれば身をもってマナーを身につけることになるでしょう。

インターン参加をすることで、マナーだけでなく、実務作業や仕事の仕組みなども体験できて、社会人となった時にはスムーズに業務に取り組むことができます。

まとめインターンは社会を知るために最適

社会人としてのマナーでは、「相手に迷惑をかけない」、「不快な思いをさせない」ということが根底にあります。これさえ守っていれば、マナーを知らなくても大きな失敗をすることはないでしょう。

さらに、相手への気遣いができればよいですが、そのためには様々な経験が必要になります。インターンシップを活用することで、社会に出る前に予行演習をすることができます。早く周りの人にも認められる社会人になるためにも、インターンシップを活用してみましょう。

こちらもご覧ください。

人気の投稿