リビングの清掃のコツ

リビング掃除のときのコツを3つご紹介します。
①掃除機は押すより引く
特に日本製の掃除機の多くは、押すときよりも引く時の方が吸引力が高くなります。

掃除機をかけるときは、ゆっくりと引くことを常に心がけましょう。

床の種類によってかける方向にも注意しましょう。

フローリングやたたみでは目に沿って、カーペットでは、タテ・ヨコ十字がけに掃除機をかけると良いです。

いろいろな方向からかけると繊維に隠れたホコリを取ることができるのです。
②床の水拭きには注意が必要
合板である床材は水分で接着剤をゆるめてしまうので、水拭きは避けましょう。

汚れが目立つ場合は、揮発性の高いお掃除用のウェットシート、又は固く絞った雑巾で拭くと良いです。
③窓をピカピカにする方法
窓ガラスの掃除には、水とスクイージを使用します。

まず刷毛でガラス面やサッシの砂ボコリを払います。

次に、ゆるく絞った雑巾で窓全体を濡らします。

スクイージを斜めに傾けて、横に引いて上から下に汚れを落としていき、

最後に残った窓の端でスクイージを縦に動かします。

窓の下部にたまった水を拭きとって終了です。
上記のコツを覚え常日頃から行えば、より良い私生活を送れることでしょう。