働く女性のための転職の知識

  1. 女性も非正規雇用から正規雇用で働きたい

派遣や契約社員として働いている方にも、正社員として働きたいと考えている方は多いです。今より安定して働きたい、ボーナスが欲しい、産休や育休をしっかり取れる会社で働きたいなどが理由に挙げられます。派遣や契約社員の場合、契約が切れれば同じ職場でまた働くのは難しいと思いますし、そもそも時短勤務などは難しいでしょう。20代前半ではあまり考えなかった結婚や出産という問題ですが、独身の方でもこれからを考えると、今から何かしらの策を講じたいという方も多いと思います。

  • 正社員で就職できる可能性と年収は?

正社員になれた後の年収についてですが、派遣や契約の場合は正社員よりボーナスの面や収入の面で不利かと思われますが、必ずしもそうではありません。特に事務職の場合、必ずしも年収が上がるとは限らないのです。時間単位であれば派遣のほうがいいケースもあります。企業側も経営効率化のため、正社員の比率を減らしていきたいと考えている所もあります。そこでの正社員を希望する事はあまりおすすめしません。しかしこうして環境でも基本的職務だけではなく、リーダーシップやマネージメントなどの様々な仕事をこなせる方は企業側は欲しいと感じています。ただ現実は30社程受けて、1社内定がでればいいほうです。

  • おすすめの職業は?

このよう事務職などは正社員としての求人数自体が少ないです。事務職にこだわりがある方は契約社員での募集も視野に入れて考えたほうがいいと思います。そして契約社員であれば正社員と同様に産休・育休が取れる企業も多いためおすすめです。また安定して働きたいのであれば、職種にこだわらずに考えてみたほうがいいかもしれません。仕事と子育てを両立したいという場合営業や販売職もおすすめです。業界や会社によって差はありますが、女性の社員数が多く、男女平等で働ける業界は環境の状況から産休や育休がお飾りではなく、当たり前に定着していることが多いようです。この点で人材業界の営業などはぴったりの職場といえるかもしれません。

こちらもご覧ください。

人気の投稿