あると嬉しい!住宅手当について

  1. そもそも住宅手当とは

住宅手当は働く従業員の住環境を保つために、住まいに関する出費を会社が負担、補助する制度です。どのように補助するかは会社により様々ですが、家族の人数や働く条件に合わせて一定額を負担したり、限度額を設定して借りている住宅の家賃の一部を負担するのが一般的なようです。また、会社が社宅を保有するか賃貸で貸して従業員が入居している場面、手当という形で支給するのではなく、家賃の一部を会社が負担してくれ給料から家賃の差額を天引きするという場合もあります。

  • 住宅手当の割合と平均額はどれくらい?

厚労省の平成27年度就労条件総合調査の概要では、住宅手当を行っている会社の割合は45.8%だそうです。しかし大手企業になるほど支給率が高く、従業員数1000人以上の企業では59.1%が住宅手当を支給しているそうです。また中小企業でも41.4%が何らかの形で住宅手当の支給を行っているようです。そして住宅手当の金額はどれくらいが平均なのでしょうか。就労条件総合調査の中では、住宅手当の平均額は17000円という結果が出ています。

  • 住宅手当と税金について

住宅手当はお給料と同じで、課税対象となります。そのため、住宅手当の支給額が大きいほど所得税や住民税、社会保険料の負担も増える計算になります。しかし、会社が借りたり保有している社宅の家賃を補助してもらう場合、手当として支給されているわけではないので、所得税や住民税、社会保険料に影響を及ぼすわけではありません。なおデメリットとしては、会社が保有している社宅しか選択肢がない場合、自由に住環境を選ぶことができなくなるという事も念頭に置いておいた方がいいでしょう。

就職や転職で住宅手当がある所を選びたい場合は、ネット検索や募集要項などに住宅手当、社宅などで検索をかけると見つけやすくなると思います。

Author: hikaku