マーケターって何?なるために必要な要素とは

  1. マーケターの仕事内容

製品を商品にする事がマーケターの主な仕事です。最新の技術を用いた高性能な品でも、存在が知られていなければ意味がありません。いい物でもでも売れなければ成立せず、営業を続ける事はできないでしょう。良い物を売れる物にするため、その存在を広め、メリットや必要性を伝えるのが仕事の本質です。手法としてキャッチコピーの命名があります。製品の強みを表現できる言葉を探し、その強みを一番感じてもらえる相手は誰なのか、製品を詳しく理解するのはもちろん、買い手の考えまで読み、商品と言葉をフィットさせます。アイデア力と先見の明、社会人に広める行動力が必要になります。

  • マーケターは根気が必要

マーケターは製作側とぶつかる事もあります。製作側の望みと利用者の望みが一致しない事もあります。例えばいい商品だが、あまり必要のない機能がつくことで値段が高くなれば、機能がないもっと安い商品を買うと思います。いい商品が必ず求められるわけではありません。時と場合によりその機能を無くす指示を下す時もあります。逆に消費者が必要なものは、予定していない機能を追加でお願いする時もあります。機能の必要性と今後の見込みなど、相手と納得するまで議論し、説明するのもマーケターの仕事です。そして利用者目線を大切にするので、時には社内でもぶつかる事があります。自分の案に社内全員が賛同してくれるわけではありません。自身のアイデアの良さを細かな資料集めや、周り人を説得する力が求められる事も少なくありません。マーケターは地道な作業が実を結ぶ仕事。しかし地道な作業こそマーケターの評価に繋がるのです

  • マーケターに必要なもの

マーケターの仕事は売れる商品を作る事。お客様の求めているもの、話題になる要素を探す。常に流れに敏感になる事が重要です。誰も想像できないアイデアを求められるのがマーケターです。そのため為には社会の事を知り、そこから接点を探せる積極性のある人。手に入れた情報を、言葉や資料にできる表現力や分析力のある人が向いていると言えます。流行を後から追うようでは、インパクトがあるものは作れません。今までにない戦略を生み出してこそマーケターと言えます。知識と柔軟な発想力が揃って初めて成立する仕事です。そしてもう一つ重要なのは折れない心です。提案してものが必ず成功するわけではありません。社内で通らない事もあるかもしれません。そこで心が折れるようでは、活躍する事は出来ないでしょう。一度挫けてもめげずに、次の案を出せる強気な心が大切です。雑草魂で踏まれても立ち上り、成長できる力を鍛えなければなりません。

  • マーケターの魅力

一見華やかな世界に見えますが、実際はそうでもありません。一つの製品を商品にするまでに、たくさんの人の心を掴むのは容易ではありません。しかしあなたの努力で商品が広がり、人々の生活や考え方が変わるのを見られる瞬間はたまりません。しかし根気強い精神力も同時に鍛えておきましょう。使命感や責任感をしっかり持ち、努力を怠らない人こそマーケターとして一流になれるのです。

こちらもご覧ください。

人気の投稿