フォトショとイラレって何?その違いとは

  1. フォトショップ

主な所で写真やイラストの修正や合成をします。例えば写真で体系加工や美肌加工、写っていない物を合成したりと元の画像のイメージを変えられるのが特徴です。画像データはビットマップとベクトルという2種に分かれます。フォトショップはビットマップに強い画像加工ソフトです。これはピクセルという点を集めて作る画像。点を組み合せ立体感を出すモザイクアートのようなもの。スマホやデジカメの画像もこれに当たります。そしてピクセルの数が多い程肉眼に近くなります。小さな点の集まりなので、その一つ一つを調整するだけで、画像を書き換えられます。色の濃淡や物を消したりはその小さな点を調整しているのです。フォトショップができる職種はWebディレクター、グラフィックデザイナーなどが有名です。仕事の幅はWebや書籍、広告など多岐にわたります。最近はカメラマンなども、撮影した画像を加工する事も多いようです。

  • イラストレーター

イラストレーターはイラストやロゴ作りに適したソフトです。ロゴは単純な線や図で作られる事も多く、その場合ソフトの既存素材を組合せ短時間で出来ます。その他にもプレゼンの資料作成なども得意です。フォトショップは元ある物を変える事。イラストレーターは元ある物を組み合わせて、デザインを作るようなものです。また先程とは違い、イラストレーターはベクター画像を使います。ベクターは拡大や縮小をしても画質が悪くなる事はありません。比較するとイラストレーターは無から有を生み出す力があり、フォトショップは有の数を更に増やす力がある仕事です。この仕事はイラストレーターやキャラクターデザイナーなどが向いています。加工するより、新しい画像を生む職種と言えます。

  • どちらも使えると、更に強みになる

上記の2つは似たような機能や性能のように思えますが、実際の性能はかなり違い、それぞれの強みを発揮できる幅があります。その違いをしっかりと理解し、2つを使える人が最も強いでしょう。この職に関わる多くの人は、片方だけでなく、両方とも使いこなせる人が多いようです。

こちらもご覧ください。

人気の投稿