できる人から学ぶ!営業メールの技術

  1. テレアポよりもメールのほうが効果的な場合も

営業メールを活用できれば、数多くのお客様へ営業活動を同時に行う事が可能。場合によりテレアポより大きな効果を得る事ができるかもしれません。そこで意識して欲しい点をお伝えします。

☑件名はシンプルとインパクト

実際会社でのメールはさらっと目を通すだけの人がほとんどです。そして人により日に何百件と届く人もいます。当然営業メールは、読まれない事も多々あります。だからこそ、件名で読みたい!と思わせる事が重要です。長い件名はアウト。流し読みでも目に留まり、インパクトのある件名を思考してください。統計では16文字以内が良いとされ、ここで気を引く事ができれば、最後まで読んでもらえる可能性も上がると思います。

☑もちろん本文も短く明確に

タイトルに惹かれても、その後の本文が長過ぎてしまっては意味がありません。長文は相手の読む気を逸らせてしまうので、本文も端的に伝えましょう。その時商品やサービスの強みを伝える事はもちろん、その商品がもたらすメリットも伝えましょう。人はメリットのある物に興味を持ちます。相手にとって何がメリットなのかをしっかり伝える事で、購入後の想像がつき購買意欲が高まるのです。

  • こんな営業メールは失礼

☑よくわからない件名

営業メールは失敗すると、逆に評価を下げる事になりかねません。~会社の~です。という件名の自己紹介メール。差出人は見れば分かりますし、件名に必要なの?と疑問に思われてしまいます。また必読!緊急!など見る側を煽る件名もいけません。既読後に営業メールと分かると不快に感じるかもしれません。

☑何が言いたいの?と思う内容

営業メールは丁寧かつ情報をしっかりと伝える事と考えがちです。それにより本文が長すぎて、意味不明な文章では意味が無いのです。商品やサービスの購入が希望か、アポイントが希望なのかなど、送り手の意図が不明なメールは、読み手も困惑します。まずは本来の目的を早期に伝え、補足はその後に入れましょう。ビジネスシーンは結論から端的に伝える事がよいとされています。

  • 営業メールは作業効率を上げる

営業先が増えれば、各お客様への対応の時間は少なくなってきます。そうして手が足りず対応を疎かにすると、馴染みのお客様も離れていく可能性があります。そんなフォローに使えるのがメールです。正しく使いこなせれば、仕事の効率が上がるのはもちろんの事、営業成績もそれに伴い上がるかもしれません。営業を志す希望のある人は覚えておくと良いでしょう。

こちらもご覧ください。

人気の投稿