OB訪問での質問・マナー・お礼メールのまとめ

OB訪問は、同じ大学出身のOBから希望する企業の情報が聞けるのが魅力です。最近では就活で重要な活動ともなっています。しかし、いざOB訪問をしたいと思っても、どのように連絡をとればいいのかわからない人も多いことでしょう。ここでは、OB訪問についての質問や回答をまとめてみました。

OB訪問の目的

この訪問をする目的は、入社を希望する企業で働いているOBやOGから、その企業の人間関係や仕事内容など、ホームページなどでは知ることができないような情報を入手するのが目的で行われます。面接では、理想ばかりを語るよりも、現実的なことを語った方が面接官の印象も良いです。実際に働いている人なら確かな情報が得られ、希望する会社にOBやOGが在籍しているのなら、しておきたい事の一つです。

OB訪問についての質問と回答

ここからは、一問一答形式で気になる疑問についてみていきます。OB訪問を考えている人は事前によく確認して正しい訪問を実施しましょう。

Q1:OB訪問のやり方を教えてください

A1:OBを見つけたらアポイントを取りましょう

OB訪問では、希望する会社にOBが在籍していることを確認することから始まります。この確認は、学部やゼミ、サークルなどの先輩から聞いてみると良いでしょう。先輩に聞いても見つからない場合には、大学のキャリアセンターに問い合わせるのも良い方法です。また、直接会社にOB訪問をしたいことを伝えることで、OBがいるかどうかを確認、段取りの手配までしてくれる企業もあります。

OBが見つかれば、都合のよい日時や場所を決めて訪問します。指定がなければ、平日の勤務時間中を指定するのが良いでしょう。あなたのために休日の時間を割いてもらうことは避けます。アポイントは、相手の都合を考えることが大切です。

Q2:どんな質問をするのが良いですか?

A2:メリットもデメリットも遠慮せずに聞こう

せっかく貴重な情報が入手できる場ですから、遠慮せずにメリットもデメリットも聞くと良いでしょう。

主な内容としては、

・新人がする一日の仕事内容・流れ

・職場内の人間関係や雰囲気

・入社前と後とでの印象や違ったこと

・面接時で聞かれたこと

などです。

事前に聞きたいことをまとめておくと良いでしょう。

Q3:お礼メールは必要ですか?

A3:その日のうちに必ず送りましょう

あなたのために貴重な時間を割いてくれているのですから、必ず感謝の気持ちを伝えるために、その日のうちに必ずお礼メールを送ります。これはOB訪問の時だけでなく、就職後でも、お世話になれば感謝のメールを送るのは社会人としてのマナーです。また、OBから採用担当者にあなたの情報が流れている可能性もあるため、ここでお礼メールをすることで、ビジネスマナーが身についている人と判断される可能性もあります。大変と感じるかもしれませんが、お礼メールは必ず送るようにしましょう。

メールでは、まず感謝の気持ちを伝えて、OB訪問によって、どのように変わったのかを伝えると良いでしょう。最後に、もう一度感謝の気持ちを伝えると丁寧です。

まとめ

ここでは、OB訪問をする際の目的や流れ、マナーについて紹介してきました。この訪問は誰でもできることではありません。訪問ができる機会があるのなら、そのチャンスを無駄にしないように事前準備をしっかりとして、マナーを守り、積極的に活用してみましょう。

こちらもご覧ください。

人気の投稿