稼いでいる大学生は確定申告のやり方を知っておこう!

約7割の大学生がアルバイトを経験していると言われています。アルバイトやインターンをして年間で103万円以上稼いでいる、2箇所以上掛け持ちをしている人は確定申告をしなければいけないケースもあります。ここでは、そもそも確定申告とは、申告する条件などに付いて解説します。

そもそも確定申告とは?大学生でもする必要あるの?

確定申告とは、所得税にかかる税金を計算して、税金を払うための手続きのことを指します。この申告は、一般的には個人事業主などが行う手続きというイメージが強いですが、条件によっては大学生でも手続きが必要になります。この手続きをしなかったことで、追加徴収などをされてしまうこともあります。

確定申告とは

この申告は、1月1日~12月31日までの所得を計算して税務署に申告し、所得税額を確定させる制度です。一般的には、給料から多めに税金分を天引きされ、払い過ぎている税金分は税務署から返金されます。年間の収入が103万円以下であれば所得税はかからないので、天引きされていても全額返金されることになります。

この天引きは、年収103万円を12で割った月収88,000円を超えるかどうかで徴収されます。月収が88,000円を超えた月があれば給料から引かれている可能性がありますが、この場合でも、確定申告をすることで返金されます。

年末調整とは

年末調整は、源泉徴収額と実際に支払う必要がある税額を年末に調整する手続きです。源泉徴収とは、給料から天引きされる税金のことを指しています。この手続きは事業所が行う手続きですが、年末調整前に退職した場合は、個人で申告します。

確定申告が必要になるケースをご紹介

申告の必要があるケースは、

・年間103万円以上の所得がある

・2箇所以上の事業所で収入を得ていて、サブの所得が年間20万円以上を超えている

・年の途中で退職して年末調整をしていない

・給与所得以外で20万円以上の所得を得ている(給与所得がなければ38万円以上)

があります。

アルバイトやインターン先が一箇所の場合は、会社が年末調整をしてくれるので確定申告は必要ありません。また、年の途中で退職したとしても、次の勤め先で年末調整をすれば、この場合にも申告の必要はありません。申告では様々な条件があるので、よくわからない人は、最寄りの税務署で相談するのが良いでしょう。

確定申告をする利点

通常、会社では多めに源泉徴収をしています。確定申告をすることで、多めに支払っていた税額を取り戻すことができます。また、還付申請では、過去5年間にさかのぼって申告することも可能です。

確定申告のやり方

確定申告は難しそうと感じますが、給与明細と源泉徴収票があれば作成可能です。ここからは手続きの仕方について紹介します。

手続きをする時に必要なもの

手続きをする時には、

・確定申告書

・源泉徴収票

・給与明細

・印鑑(シャチハタはNG)

・口座番号

が必要になります。

確定申告書は税務署に直接取りに行く方法以外に、国税庁のホームページからファイルをダウンロードして印刷する方法があります。記入方法がわからない時には、最寄りの税務署で相談しながら作成も可能です。この時には、手続きに必要なものを全て持参して訪問すると良いでしょう。

記入する流れをご紹介

1.源泉徴収票の支払金額を収入金額等欄に記入する

2.給与と給与所得控除等の差額を所得金額欄に記入する

3.基礎控除額と勤労学生控除額を所得から差し引かれる金額に記入する

4.源泉徴収票の源泉徴収額を税金の計算に記入する

5.還付金または追納金額を確定する

作成した確定申告書を税務署に提出する

作成したら、税務署に直接持参しても良いですし、郵送して提出することも可能です。還付金があれば2ヶ月後に指定した口座に振り込まれる事になります。

どのくらいの年収で所得税が発生するの?

ここからは、どのくらいの年収で所得税が発生するのかを紹介します。税金が発生すると親の扶養控除にも関わることがあるので、このことを理解した上で稼ぐ金額を決めることも大切です。

年収が103万円以下

収入が年間103万円以下であれば所得税は発生しません。ただ、月収が88,000円以上あった月があれば、事業所で引かれている可能性があります。この場合は、確定申告をすることで払い戻しがあります。また、この年収であれば扶養控除の対象となり、親も減税されます。

年収が103万円~130万円以下

年収が103万円超えると所得税を支払う必要があります。ただ、勤労学生控除に申請することで130万円までなら非課税となります。しかし、103万円を超えることで扶養控除から外れます。このことで、減税がなくなって親が支払う税金が10~20万程度増える可能性もあるので、103万円以上働く場合には、親とよく話し合う必要があるでしょう。

年収が130万円以上

年収が130万円以上になると所得税を払う必要がありますし、親の社会保険扶養の対象からも外れてしまうので、自分で保険料を支払う必要が出てきます。親だけでなく自分の負担も増えることから、収入が130万円以上になる可能性がある時には慎重に考えることが大切です。

まとめ

ここでは、確定申告のやり方、どのような条件で申告をする必要があるのかについて紹介してきました。手続きをするのは難しいと感じますが、記入方法をよく確認すればそれほど難しいモノでもありません。ただ、収入によって所得税が発生しますし、親の収入にも影響を与えます。働くときには、確定申告の仕方、税金の仕組みのことをよく理解することが大切です。

こちらもご覧ください。

人気の投稿