インターンシップに向け、名刺交換の方法をマスターしよう!

  1. 名刺交換の意味を心に留めておこう

名刺は自分を表す身分証と考えて下さい。会社名、会社での役職や部署が記載され社会人としての自分を証明する物それが名刺です。そして名刺を相手に渡す行為は、会社を背負っているという責任も忘れてはいけません。社会人ともなれば、あなたも社員に一人。あなたの良い行い、悪い行いで会社の評価が変わる事もあります。名刺交換は会社の責任を背負い、お互いの信頼のために行うと言っても過言ではありません。そして自分の名刺はもちろん、相手からの名刺にもしっかりと敬意を払う必要があります。

  • 名刺交換のマナーとは

☑名刺入れは必ず

名刺と名刺入れはセットと考えましょう。名刺入れ以外のものから名刺を出すのは失礼です。ブランド品などは必要なく、革製の名刺入れで構いません。そして名刺を渡す場面では、自身の名刺を名刺入れの上へ置き、そのまま相手に渡します。相手の名刺は自身の名刺入れの下に敷いた形で受け取ります。そのまま名刺だけを渡すのも失礼です。

☑受け取りは目上の人が先に

名刺交換はこちらが名刺を渡した時、相手からも名刺を受け取る事がほとんどです。しかし名刺交換には渡す、受け取る方法があります。基本は目上の人から先に受け取ります。営業の場合はお客様が先に名刺を受け取るようにしましょう。また渡す順番も相手が上司、部下の場合、上司から交換するのが決まりです。逆に上司と一緒の場合、こちらの上司から行います。インターン生は一番下のため、最後と認識しておきましょう。

☑目を見て名乗り名刺を渡す

名刺交換の際、相手の目を見て自身の社名と名前を先に名乗り、その後名刺を渡すのが理想の形です。名乗りながら名刺を渡してはいけません。また受け取る時も頂戴いたしますと返答できるといいでしょう。

☑名刺は名刺入れの上へ

名刺を受け取った後、すぐに名刺をしまってはいけません。名刺入れを置き、その上に名刺を置きましょう。相手が2名以上の場合、目上の人が名刺入れ上、それ以外の方は席順で並べてください。こうすると今話している人は誰なのか判断するのに便利です。そして帰り際もう一度頂戴いたしますと声掛け後名刺をしまい、部屋を出ましょう。

☑名刺は整理して保存

できる人は名刺管理がとても上手です。名刺交換後も相手との関係は続きます。将来の可能性や、人間関係を築くため名刺は便利な道具です。優先順位を付け管理、整理し、裏面にその方の情報を書いておくのもおすすめです。ちょっとした内容を覚えているだけで、相手との信頼関係は深まります。

  • 名刺交換の大切さを知る

たかが名刺交換と甘く見てはいけません。名刺交換はあなたの第一印象を決めます。第一印象は一度決まるとなかなか拭えないもの。名刺は丁寧に扱い、相手の身分証明書だと思い大切にしましょう。特に営業は使う機会が多いです。インターン生としてもですが、社会人になっても必要な知識です。就職前の準備として、身に付けておいて損はありません。正しい名刺交換の知識を知っておいてください。

こちらもご覧ください。

人気の投稿