4年生大学では学費はどのぐらいかかるの?

今の一般的なキャリアの築き方は、大学進学をしてから一般企業に就職するという流れになっています。この時に注意したいのが大学進学の際の学費です。大学といっても、国公立、私立、短大と種類があるように、学費も入学金、授業料、教材費など色々必要になります。ここでは、国公立と私立大学の4年間の学費について紹介します。

国公立の入学金と授業料

文部科学省によると、国立大学では入学金282,000円、授業料535,800円が標準額で、公立大学では、入学金が393,426円、授業料が537,809円と報告されています。

このデータをもとに4年間の学費を計算すると、

国立大学

入学金_282,000円

授業料_535,800円×4

合計_2,425,200円

公立大学

入学金_393,426円

授業料_537,809円×4

合計_2,544,662円

となります。

これはあくまでも平均的な学費で、近年では国公立大学の法人化で各学部や学科によって金額に差が出ることもあります。一般的に、私立と比べると学費が安いというイメージがありますが、卒業までには多くのお金が必要であることが分かります。

また、4年間の大学生活の中では、

・受験検定料

・各種保険代

・教科書代

・大学に通うための交通費

・一人暮らしをするなら家賃

・飲食代や交際費

など、学費以外にもお金は必要になります。

そのため、入学費や学費以外にも、4年間で300万程度の諸経費が必要になると考えておきましょう。

私立での入学金と授業料

私立大学では、学部や学科で費用に大きな差があるようです。

初年度で必要になる費用を学部別に見ると、

文科系学部

入学金_242,579円

授業料_746,123円

初年度合計_988,702円

理化学系学部

入学金_262,436円

授業料_1,048,763円

初年度合計_1,048,763円

医歯系学部

入学金_1,038,128円

授業料_2,737,037円

初年度合計_3,775,165円

となります。

このように、学部などによって大きく違い、特に医歯学系学部は他の学部と比べてとても高いことが分かります。これらの費用は、あくまでも最低の金額で、国公立大学と同じようにさらに諸経費についても考えておく必要があります。

私立大学で卒業までに必要な費用の総額

文科系学部

入学金_242,579円

授業料_746,123円×4

合計_3,227,071円

理化学系学部

入学金_262,436円

授業料_1,048,763円×4

合計_4,455,488円

医歯系学部

入学金_1,038,128円

授業料_2,737,037円×6

合計_17,460,350円

総額を計算してみると、医歯学系学部が特別高いように感じますが、文系・理系ともに国公立大学よりも高い傾向にあります。

奨学金制度についてご紹介

日本の大学に通うためには、高い授業料を支払う必要がありますが、その対策として設けられているのが奨学金制度です。この制度は、学業は優秀なのに経済的に苦しくて大学に行けない人に援助する目的で設けられています。

この制度には、返済する必要がある貸与型、返済する必要はありませんが上限金額が少ない給付型など、いくつかの種類があります。返済の必要がない給付型は魅力ですが、給付型で全ての学費をまかなうことはできません。貸与型を活用して卒業後に返済することになり、返済で苦労している人も多いようです。

まとめ私立の学費は高いが国公立でも安いわけではない

大学に通うために必要な総費用を見ると、進学では多くのお金が必要であることが分かります。学費だけでなく、諸費用や留学費用などを考えると、多くの人がお金に困っている状況です。

奨学金制度もありますが、それでも大学に進学できることは恵まれていると考えるべきでしょう。在学中にアルバイトをする人も多いですが、働くことで学業に専念できずに留年する人も多いです。

大学で学ぶことは人生の中でもとても有意義な時間となります。その時間を無駄にしないためにも、なぜ進学するのかをよく考えて、自分の目標に向かって日々生活することが大切です。

こちらもご覧ください。

人気の投稿