年収400万円の人の満足度やお給料事情

国税庁が毎年行う「民間給与実態統計調査」では、日本の給与所得の平均は420万円だそうです。そして正規雇用は485万円、非正規雇用では171万円となっています。では、正規雇用で年収400万円以上の方のお給料や貯金額はどのくらいだと思いますか?

  1. 正規雇用の12.1

国税庁の調査データの中で年収400万円以上の方は全体の12.1%となっています。男性15.6%、女性9.2%の方がこの年収を受け取っています。また年収400万円以上の方のボーナスの平均は74.3万円、月収の平均は28.2万円、平均貯蓄額は591万円となっています。

  • 年収400万円以上の収入満足度は?

年収400万円の方の収入と仕事内容に関する満足度を調査したところ、年収400万円以上の方の60%程度は収入に不満を感じていないという結果になりました。特に不満を感じていない方の中には安定した収入が得られ、残業が少ないというのも理由にあるようです。

  • 年収400万円以上の社員の声

☑オペレーター(女性28歳)

収入面で不満はあるが、仕事内容には満足していると回答。仕事内容や仕事量と比較してお給料は高く、残業もあまりないため時間通りの業務で退社できるようです。

☑建設関係(男性33歳)

こちらは収入面で特に不満はなく、仕事内容には満足していると回答。年齢的には満足な収入を受け取っており、納期前などで残業ももちろんあるが、フレックスを使うことができるので助かっているそうです。

このように年収400万円以上の方は収入と仕事量のバランスがよく、現在のお仕事に特に不満はないと感じている方が多いのではないかと思います。ただ収入面と仕事内容のバランスに不満を感じている方もいるようです。

こちらもご覧ください。

人気の投稿