年収600万円の人の満足度やお給料事情

国税庁が毎年行う「民間給与実態統計調査」では、日本の給与所得の平均は420万円だそうです。そして正規雇用は485万円、非正規雇用では171万円となっています。では、正規雇用で年収600万円以上の方のお給料や貯金額はどのくらいだと思いますか?

  1. 正規雇用の2.2

国税庁の調査データの中で年収600万円以上は全体の2.2%となっています。男性3.7%、女性1.%の方がこの年収を受け取っています。また年収600万円以上の方のボーナスの平均は98.2万円、月収の平均は40.7万円、平均貯蓄額は704万円となっています。

  • 年収600万円以上の収入満足度は?

年収600万円の方n収入と仕事内容に関する満足度を調査したところ、年収600万円以上の方の70%は収入に不満を感じていないという結果になりました。ただ仕事への不満度も年収400~500万円台より高い傾向にあり、不満を感じている方の割合も42%となりました。残業時間が多いのもこの年収の傾向にあるようです。

  • 年収600万円以上の社員の声

☑建設業(男性27歳)

収入面では不満があり、仕事内容ではとても不満を感じていると回答。平均水準のお給料は貰っているが、拘束時間が長く、休日出勤も多くプライベートの時間があまりない事に不満を感じているようです。

☑研究職(女性46歳)

収入、仕事満足度ともに特に不満はないと回答。仕事内容に苦痛を感じることはなく、それなりの生活がおくれているので、現在のお仕事に不満はないようです。

このように年収600万円の方は仕事面、収入面ともに満足度にバラつきがあります。仕事内容と収入の比率に差が生じて不満が生まれるのかもしれません。

こちらもご覧ください。

人気の投稿